昨日の話(猫要素ナシです!)

国立新美術館で開催されてるミュシャ展
ミュシャ2
意気込みすぎて開門すらされてないという・・・(笑)
ミュシャ1
一度見てみたいと思ってたスラヴ叙事詩はデカイ!
国立新美術館しか入らないから巡回しないのだとか・・・
ミュシャ4
ココは写真撮ってもいい場所
よく書いたなーっていうのが主な感想かなー(笑)
戦いの後の場面には馬、平和の象徴にはハト、そしてここには犬もいるのに
ミュシャ3
猫はいなーい・・・ザンネンww


移動して銀座は松屋銀座の8Fで開催されていた「君の名は。」展
「君の名は」展
原画展ってことだったけど、ほぼほぼ絵コンテ
風景画はきれいだったけど・・・
「君の名は」展2
ココも写真OKなところ
お隣は「ゲゲゲ」、行かなかったけど・・・


ところで、ミュシャといえば「リトグラフ」
今回は点数も少なく、ちょっと消化不良
家へ帰ってから前に行ったミュシャ展の図録を引っ張り出した
昨日のうちには見つけられなかったので記事が今日になったのはナイショww
旧図録 ミュシャ 画集
左が1996年の没後50周年記念アルフォンス・ミュシャ展
右が1986年刊行の画集
これはテニスプレイヤーのイヴァン・レンドルがコレクションしてるもので構成されていて
この年に開催されたミュシャ展で図録として買った記憶が・・・

コーコーセーの時の美術の課題に絵をお借りした記憶があるので、これらを買う前にすでに
なにがしかを持っていたらしいんだけど、手元にはないんだよな~・・・
そして今回の図録はアマゾンでも買えるらしいので買ってこなかったw
だってスゴイ重さなんだもん・・・


昨日のお返事→とおとといのお返事→書きました

スポンサーサイト
コメント

No title

勉強不足でミュシャしらなかったww 
でっかいねえ。。
自分的にはモネの蓮の絵がでかかったっていう記憶
芸術的に乏しい感性wwごめんw

君の名はは確かに背景はキレイだった
でも…ストーリーというか
説明不足というかちょっとガッカリだったので…
一般ウケはするのかもだけど
元アニオタとしては物足りなかったです

リトグラフ、って銅板だっけ?
あんなに細かいこと出来る芸術家ってすごいなと
思いつつ作品を観ています。

No title

絵はあちこちで見たことあったのに、ミュシャというお名前を知りませんでした。
猫、つい探しちゃうよね。こんな大きな作品なのに、どこかに猫を入れてくれてもいいのに!

「君の名は」の映画、去年の秋に
日本からこっちへ戻る機内で見たよ。
「入れ替わったときに数年のギャップがある事に気づかないはずないやん〜」とか
そういう風に冷めて見ちゃったわ‥
ひねくれてるわ〜私(汗)

No title

ミュシャは素敵だよね〜
色使いとかタッチとかうっとりする。
リトグラフのイメージが強いけど、こんなにも大作を
描いてたんだ。
確かに猫いないかしら...って探しちゃうね〜(笑)

No title

ミュシャといえばやっぱりリトグラフですよね。
でもこんな大作を描いていたとは。。。
6月5日までなら私も見てこようと思います!

っていうか、レンドルに激しく反応しちゃいますっっ。
同時期に活躍していたステファン・エドバーグ(エドベリ)の大ファンでした(王子様枠)
で、プレイスタイルが真逆のレンドルも応援していました。(好みのおじさん枠)
確か、故郷(チェコスロバキア)が大変な頃だっただけに観衆の応援も少なく
孤高の世界ランク1位だったと記憶しています。
地元の英雄として同じチェコスロバキア出身のミュシャをコレクションしていたということなのかな?
遠まわしですが^^;俄然ミュシャへの興味が強くなりました。

No title

ミュシャ展やっているんですね!
私もこんな大作があったとは知りませんでした。
行ってみよ〜(^^)
あんまり詳しくはないですがアール・ヌーボーの世界観が好きです♪

お返事

*つきみぃさんへ*
モネの睡蓮もデカいけど、比じゃないよーーー
お城で描いてたらしいしよ
この時代のリトグラフは石板です
君の名は。は確かに説明不足だよね
でも私結構好き♪


*Chachaさんへ*
結構いろんなところに使われてるから目にする機会は多いよね
スラヴ叙事詩以外の作品にも犬猫は出てこないので好きではなかったのかも???
スマホになってからは年月の差って気になるよねー
でも夢の中ってことなんだとすると有りかも?なーんて最近思ってます


*mogu07さんへ*
うっとりするよねー
結構油彩画も描いてるみたいだけど、リトグラフの方が有名だからね・・・
出てくる動物はほぼ鳥、犬はこの1匹だけの気がする~


*fm_nekonekoさんへ*
先に当日券をネットで買っておくのをお勧め!
チケット買うのに結構並んでました
テニスは見てなかったけど、レンドルはカッコいいと思ってました(笑)
レンドルはミュシャがどこの国の人か知らずに集めてたけど
知ってからはより精力的に集めたみたい
全部家に飾ってあったというのが驚きです


*utsubokazulaさんへ*
行かれるなら当日券をオンラインで買っていくことをお勧めします
チケット買うのに結構並んでました
スラヴ叙事詩はアールヌーボーっぽい感じじゃないけど
全20作見られるのは貴重なので一見の価値はあるかと・・・
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール/Profil

ししゅうねこ

Author:ししゅうねこ
刺繍、革、庭仕事・・・
手で作るコトが好き。

お知らせ
・達磨の赤い革は濡れると色落ちする
 ことがあります
 夏場の白い服などはご注意ください
・たまに保革油(ワセリンでOK)塗って
 下さい



お知らせ2
現在オーダーストップ中です
制作できるのは猫だけです
よろしくお願いします

オーダーしていてまだ写真を送ってない方は下記へ送っておいてください
shishunekoあっとまーく じーめーる.com

追加で送るのもOKでーす
よろしくお願いします

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム
お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
インスタグラム/instagram
Instagram
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ