04 17
2016

再び地刺し
地刺し 白と白黒
ココでハタと裏に使ってる革がないんじゃないかと気づく
・・・で、作る
裏のパーツ
出来上がりだけしか写真撮らなかったけど、これはこれで結構手間~
今回はこげ茶の革がなくて、手で漉いたりしたので余計・・・

革包丁で手漉きをするとあっという間に切れなくなるので、包丁研ぎも
包丁研ぎ
ついでにキッチンの包丁も研いだけど、こっちはかなりテキトー



包丁研いでる間中上から応援されるw
Jk658.jpg
実は降りたいんだけど、降りる場所にものが置いてあって降りられない(笑)


今日も猫ズは2階へ
あれ?シマシマだけ???
U1234.jpg
いやいや、カーテンに隠れてた(笑)
Ujk802.jpg
見えないほうがケンカにならなくていいか・・・


スポンサーサイト
コメント

No title

裏に使う革とか細かい作業もいるのねえ。
サイン入りなのに妙に感動♡
シマシマさんの近くには必ずジェイク君がいると
思えば良いのよね( ̄▽ ̄)
なかよしだ!いいね☆

No title

包丁研ぎ、私もやらなくちゃ~。
Zwillingの包丁ですか?
うちのはたぶんmiyabi・・・だったかな。

包丁研ぎの応援って、なんかかっこいい!
にゃんず、一緒にいるのが好きなんですね~^^
ジェイクちゃんがいつもシマシマさんの場所に行ってるのかしら?

No title

皮用の包丁があるんですね〜
砥石をこちらに持ってこようと思ってたけど、重くて
断念しました(笑)

ジェイク君、すごい応援してる!
(退かして〜の)真剣さが伝わってくるわ〜
シマシマさんも姿が見えなかったら安心するのかしら(笑)

No title

ジェイクくん『どけて~どけて~』と話しているのね!
すごく表情で伝わりますね~

包丁とぎ私には難しそうなのでセラミックに替えちゃいました!

No title

革用の包丁なんですか? カッコイイ~!
小さなものは、なにもかも小さくて大変ですよね^^;
にゃんこの刺繍、ここに瞳が入ると、
途端に生きてくるのでしょうね♪

ジェイクくんの泣きそうな?表情が可愛いー♡

お返事

つきみぃさんへ
革は道具が全然違うから刺繍しながら作業はあまりしたくないのよねー
常に近くにいるわけじゃないんだけどねー
シマシマより飼い主LOVEだからさw


alpenkatzeさんへ
包丁は右のは木屋と暮らしの手帳コラボ包丁、左のは日本のモリブデン鋼の硬い鋼材のです
モリブデン鋼の大きい包丁もあるんですが、私じゃ研げないので使うの止めてしまいました

何だかんだ近くにいますね~
だいたい先にシマシマがいることが多いみたいです


mogu07さんへ
革はカッターで切ったりもしますが、包丁の方が切断面がキレイなんです
砥石は重いものねー
その重さでほかの物を持って行きたいですよね!

登るときには置いてなかったのを、登ってから置いちゃったので
猛抗議でした(笑)
シマシマはひとりでゆっくり寝たい派なのよ~


ねこながさんへ
「おーりーらーれーなーいー!」って感じでしたけどね(笑)

キッチンの包丁ならセラミックもいいけど、革包丁はそういう訳に行かないでしょ?!
今日は切れ味抜群でストレスフリーでした♪


accoさんへ
革はカッターで切ったりもしますが、包丁の方が切断面がキレイなんです
手間は小さくても大きくてもあまり変わらないのでね~・・・

冷蔵庫に乗るための足場に乗ってから物を置いちゃったので
猛抗議でした(笑)
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール/Profil

ししゅうねこ

Author:ししゅうねこ
刺繍、革、庭仕事・・・
手で作るコトが好き。

お知らせ
・達磨の赤い革は濡れると色落ちする
 ことがあります
 夏場の白い服などはご注意ください
・たまに保革油(ワセリンでOK)塗って
 下さい



お知らせ2
現在オーダーストップ中です
制作できるのは猫だけです
よろしくお願いします

オーダーしていてまだ写真を送ってない方は下記へ送っておいてください
shishunekoあっとまーく じーめーる.com

追加で送るのもOKでーす
よろしくお願いします

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム
お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
インスタグラム/instagram
Instagram
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ